指についてのおまじない・・右手

指についてのおまじない・・右手

指についてのおまじない・・右手

おまじないやジンクス、というものは、よく手とか指に関わるものがあります。なぜ、指に関して、このようなおまじないやジンクスが数多くあるのか?不思議に感じますが、これには意味があるのです。

指、というのは、それぞれに意味を持っています。婚約指輪は左手の薬指にしますよね。これは、女性の左手の薬指は魔といわれていて、その魔を封じるため、つまり悪い思いを起させない(浮気させない)という意味で指輪をはめる、という説もあります。このように、人の指、というのは、色々な意味があるので、おまじないなどに多く出てくるのですね。

では、指についてのおまじないをするために、指の意味をしっかり記憶しておきましょう。この指に宝石のついた指輪や願いを託した指輪をすると、その願いがかなう、というおまじないです。

右手から説明していきます。右手は、「現実」を表す手です。親指はお父さん指とも言われます。威厳、という意味をもちます。お父さんは家族の指導者。その家族の稼ぎ頭ですから、仕事をする上で、トップに上り詰めたい、というときに、この指が幸運ととなるようです。

人差し指は、何かを指差すときに、一番多く使用するものになると思います。誰かを導く、また自分の意志を表す指、ということになりますね。自分の希望を貫きたい、意志を通したい、という願いのある時に、この指にブルー系の石のついた指輪をすると、よりおまじない効果が高いそうですよ。

中指は指の中心、自分の思ったとおりに行動をとりたい時にこの指に指輪をはめると、より自分の意思がはっきりと行動できるようになるそうです。

薬指は、右手の場合、創造性を高めます。指輪の石に、自分の願いをより強く応援してほしいと思うとき、また彼への誓いを立てる、というときに、この指に指輪をします。婚約や結婚前にお付き合いをしている、という彼に誓いを立てる、というときに、この指に指輪するといいでしょう。

小指は秘密の指。何かの秘密を必死に守ろうとしているあなたには、「秘密を守るためのお約束」を誓う指になります。

以上が、右手の指についての意味になります。この意味を考えて、自分の指におまじないをする気持ちで、指輪をはめます。指は毎日見るもの。そして使うものです。おまじないの要素が強まる指でもあります。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional